印鑑の役割!

印鑑といってもいろいろなものがあり、普段使いものから銀行印など様々なものがあります。さらには個人で持つものと法人が持つものとがありますが、法人印はその企業を表すものでもありますからとても重要な意味を持つものとなってきます。法人印自体は誰でも作ることができますが、それぞれの企業に合わせてどのような印鑑にするのかはそれぞれの企業にとってとても大切なことになりますから法人印を作る際にはきちんと印鑑の意味を理解してより良いものを作るようにしたいものです。

法人印の中にもいくつかの種類があります、まずは、代表者印ですが、その他にも銀行印、認印、角印といったものがありそれぞれ意味のあるものとなってきますから適切な印鑑となるようにしなければなりません。代表者印はその企業の代表者の印鑑ということになりますが、これは実印ということになり、法人の登記の際には法務局に届け出ることになりますから、簡単に変えることができるようなものではありませんし、とても重要なものとなってきます。

次に銀行印ですが、これも重要な役割を持つ印鑑となり、会社の口座を開設する際に銀行に届ける印鑑となり、お金の払い出しには必ず必要となりますし、手形や小切手の発行を行う際にも必要となってきます。この二つはとても重要なものとなり、その管理も慎重に行う必要があるものとなってきます。

認印や角印に関しては先の二つのような重要な意味のある印鑑とはちょっと違ってきますが、認印んは日常取引などの際に使用することが多いものとなり、確認の場合には認印と同じような意味合いで使用することが多くなります。角印などは請求書や領収書などに使用することが多くなっています。銀行印などを認印と併用で使用することも少なくありませんし、角印に関しては使用によってはあまり意味を持たない場合もあります。このように法人印と一言で言っても種類もありそれぞれで意味の違ったものとなってくることは覚えておくことが必要です。

法人印はそれぞれの考え方にもよりますが企業を表すものであるということから印鑑の素材などにもこだわったり字体にもこだわりを持って作ることも多くなっています。