印鑑の価格は?

印鑑の値段はかなり幅の広いものとなっています。材質などはもちろん手彫りであるのかということでも価格には違いが出てきますから相場の判断も難しいものとなってきます。中でも法人印などはそれぞれの法人によってもこだわりなどがありますから相場といってもむずかしいものとなってきています。

法人印を作る場合には、セットで作ることも多くなっていますから、そういった場合にはどのようなセット家でもまた違ったものとなってきますが、法人印をセットで作るような場合には代表者印と銀行印のセットで作成するということが多くなっていますが、さらに角印なども一緒に作ったりすることも少なくありません。

法人印を作るという場合であれば数千円から数万円までといったことになりますが、7000~8000円程度から1万円をちょっと超えるぐらいというあたりが多くなっています。実際には材質でかなり違いが出てきますからまずはどのような材質のもので作るのかを選択する必要があります。

法人印に限らず実印など大切な印鑑を作る場合に人気となっている素材が象牙や黒水牛となっています。高級感があり特に法人印には最適ということがありますが、近年では金属であるチタンのものも人気となっています。チタンはスタイリッシュな印象ということで人気がありますがそれだけでなく耐久性にも優れているということから年々人気が高まっています。こういったもので考えるとやはりそれなりの価格なっていますから1万円前後で検討する必要があります。

印鑑はどこで買う?

印鑑は、印鑑を専門で扱っているお店もあればホームセンターなどでも扱っていますから購入することができるところはたくさんあります。しかし法人印となるとはやりどこでもというわけにはいかないのかもしれませんが、取り扱っているところを多いので難しいということはありません。通販でも取り扱われていますからこういったところを利用するのも方法です。

法人印は、会社をイメージするものであり、重要な書類などに押すことになるとても大切なものとなってきますから、安易にどれでもよいというわけにはいきませんからきちんと検討することも必要です。どのよう材質のものにしたらよいのかなど好みもありますからどれがよいという判断はそれぞれで行うことになりますが印鑑を専門で取り扱っているところであれば詳しく特徴なども知ることができます。近くにはそういった専門店がないという場合でも通販でも本格的な印鑑を購入することができます。

TOPIC・・・http://www.e-hankoya.com/

法人印を作るとなると急いで作りたいということもありが、会社のイメージともなることを考えるとやはりある程度時間をかけてこだわることも必要なことになりますからじっくりと検討して作ることができるところを選ぶことも必要でしょう。材質などもよく検討するためにはそれについて説明することができるということも選択するポイントともなってきます。

印鑑の大きさは?

法人印には代表者印や銀行印などありますが中でも重要なものとなってくるのが代表者印となります。代表者印は実印となりますから拘って作るということも多い印鑑となります。会社の発展などを願って自体などにも拘ることもありますが、代表者印はどのようなものでも大丈夫なのかというと大きさなどにも決まりがありますからきちんと考えておきましょう。

本来、印鑑というとそれぞれの好みもあり大きさなども様々なものとなっていますが、法人の代表者印の場合には、登記する印鑑となりますが、登記する上での大きさの制限が出てきます。大きさとしては1辺が1cmの正方形に収まるもの、または1辺の長さが3cmの正方形に収まらないものであってはならないということが決まっていますからこの範囲の大きさで作ることが必要です。基本的にはこの大きさの中では自由に作ることができますが、代表者印ということであまり小さなものでも恰好の良いものではありませんから直径で2cm程度の印鑑とすることが一般的となっています。

ただし、ここで気を付けたいのが他の法人印との大きさの違いです。銀行印や認印など法人印もいくつか準備することが多いので、間違えのないように大きさを違うものにするなどしておくこともよいでしょう。通常は、代表者印よりも銀行印を少し小さなものにすることが多くなっています。

他にも字体も印鑑では重要なものとなってきます。法人印の場合には、印相体、篆書体、古印体といったものが多く使用されています。

印鑑の役割!

印鑑といってもいろいろなものがあり、普段使いものから銀行印など様々なものがあります。さらには個人で持つものと法人が持つものとがありますが、法人印はその企業を表すものでもありますからとても重要な意味を持つものとなってきます。法人印自体は誰でも作ることができますが、それぞれの企業に合わせてどのような印鑑にするのかはそれぞれの企業にとってとても大切なことになりますから法人印を作る際にはきちんと印鑑の意味を理解してより良いものを作るようにしたいものです。

法人印の中にもいくつかの種類があります、まずは、代表者印ですが、その他にも銀行印、認印、角印といったものがありそれぞれ意味のあるものとなってきますから適切な印鑑となるようにしなければなりません。代表者印はその企業の代表者の印鑑ということになりますが、これは実印ということになり、法人の登記の際には法務局に届け出ることになりますから、簡単に変えることができるようなものではありませんし、とても重要なものとなってきます。

次に銀行印ですが、これも重要な役割を持つ印鑑となり、会社の口座を開設する際に銀行に届ける印鑑となり、お金の払い出しには必ず必要となりますし、手形や小切手の発行を行う際にも必要となってきます。この二つはとても重要なものとなり、その管理も慎重に行う必要があるものとなってきます。

認印や角印に関しては先の二つのような重要な意味のある印鑑とはちょっと違ってきますが、認印んは日常取引などの際に使用することが多いものとなり、確認の場合には認印と同じような意味合いで使用することが多くなります。角印などは請求書や領収書などに使用することが多くなっています。銀行印などを認印と併用で使用することも少なくありませんし、角印に関しては使用によってはあまり意味を持たない場合もあります。このように法人印と一言で言っても種類もありそれぞれで意味の違ったものとなってくることは覚えておくことが必要です。

法人印はそれぞれの考え方にもよりますが企業を表すものであるということから印鑑の素材などにもこだわったり字体にもこだわりを持って作ることも多くなっています。